いらっしゃいませ あめんぼうの特徴 ショッピングガイド お支払い方法 通信販売について
お問い合わせ 和服はじめての方 生地の収縮と湯通し 胴裏抜き仕立て 女性着物の仕立

胴裏抜きの仕立てについて

★ご来店、誠にありがとうございます。

  元々は5月や10月に袷の着物では汗ばむような気候の時、
胴裏を付けずに袖口と裾回しを付け、外見は袷仕立てに
見えるようにする仕立て方法です。(上半身単、下半身袷)

私は、その季節、木綿の単の着物を愛用していましたが、
一寸した外出やきものの集い等で人目に触れるような時、
なんとなく、気が引ける思いをしておりました。

また、単の木綿の着物はどうしても膝やお尻の部分が出やすく
シルエットが崩れがちになりますので、それを防ぐ意味でも有効と
思われます。(裏地が付く関係で臀部の背縫いの保護にもなります。)

それから、木綿裏地を付けますので裾捌きが良くなり
しかも、裏地の見え隠れがお洒落を演出してくれます。

はじめに、5月か10月用と申し上げましたが、地球温暖化による
気温の上昇や温暖な地方によってはその時期に限らず、臨機応変に
楽しくお召しいただける仕立て方法と思われます。

ご検討ご用命の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。


裏返しにした状態です。   文人絣縞の胴裏抜き仕立て (洗濯後アイロンを掛けました。)


ご注文方法。

        商品ページの袷仕立てからご注文いただき、通信事項に
        「胴裏抜き仕立て」とご記入ください。
        木綿裏地の半分:¥5,400円を減じた価格で承ります。

ご注文心よりお待ち申し上げております。