袴の穿き方
憧れの袴を穿いてみましょう!!
写真の数を増やしてわかり易く致しました。
ゆっくりトライしてください。

左手で衿先より少し下の所を摘み、滑らせて裾を持つ。
左手を後ろに回し、裾の背縫いを掴む。
背縫いの部分を帯の中に押し込みながら右手で一文字結びの上から少し覗くぐらい引き抜く。
前紐を持ち、足を入れる。
中心がずれないように左右均等に合わせる。
前紐を背面に回し、一文字結びの結び目で交差させる。
ずれていないか交差部分を確認する。
両方の紐を持ち軽く締めつける。
左紐を下にして右紐を重ねる。
交差点を脇まで移動する。
左からの下の紐を折り返し右紐に重ねる。
両紐を滑らせ後に持ってゆく。
帯の下側の際で蝶ちょ結び。
腰板についているヘラを一文字結びと着物の間に差し込む。
後紐を前に引き寄せ右を下にして交差させる。
前紐と着物の間に、親指で交差した部分を押し込む。
押し込んだ所を摘み引き抜く。
皺や捩れを斜めに上下しながら修正する。
中心を確認する。
左手の紐を巻き上げる。
右手の親指で紐の際を押し込む。
左手で引き抜く。
引き抜いた紐が中心に有るか確認する。
右手の紐を水平に折り返す。
下に引き抜いた紐を巻き上げる。
折り返した横の紐に巻きつける。
横紐を10cm前後の長さに先から折りたたむ。
たたんだ紐を偏らないように中心に置く。
たて紐で畳んだ紐を巻く。
2〜3回巻く。
最後まで巻くと分厚くなりますので、巻き上げた部分に隠れる所で(右親指)45度に曲げます。
右手の親指で押さえつつ余った部分を紐の下に入れ込みます。
形を整えて出来上がりです。
結びっきり(野袴用)
軽く締める。
もう一回結ぶ。
余った紐は水平の位置の紐に絡める。
出来上がりです。
参考まで十文字結びです。
の後一文字の下に紐を出します。
紐の端を中に織り込みます。
たてより横を長くします。