背が高くスマートで腕が長い体型の方の仕立て方。
「脇出し仕立て」「割入り仕立て」

 
 
背が高く痩せていて腕が長い体型では生地幅が広くても
普通仕立てでは十分な長さの裄が出せない場合が発生いたします。
また、生地幅が狭い場合は、それ程背が高くなくてもご希望の裄が
出せない場合が起こります。
そのような時、弊社では「脇出し仕立て」と「割入り仕立て」を
ご提案させて頂き、お好みの方法を選んでいただいております。
以下に2つの方法の特徴と問題点をお知らせ致します。


 

 上記図面が一般的な仕立て方です。
後幅に対して肩幅は最大約3.5cm広く出来ます。
それ以上は形が崩れてしまう事と、
袖付けの絎け目の縫い目が歪んでしまいます。


 
 上記図面が脇出し仕立てです。
内揚げ付近から徐々に幅を広げ後幅より最大約5cm広く出来ます。
但し、胸周りの布が広くなりますのでどうしてもぶかぶか感が発生してしまいます。
バストが小さい方にはお勧め出来ませんが、逆三角形の体型であれば大丈夫です。



 


 上記図面が割入り仕立てです。
袖に同じ生地を継ぎ足して袖幅を広げ十分な裄を確保致します。
但し、継ぎ接ぎの縫い目は多少目立ってしまいます。
綺麗な無地ほどそれが顕著となります。
紬風や縞柄の方が目立つ度合いは低くなります。
羽織を羽織れば隠れますが、着流しでは露出してしまいます。



以上、ご理解の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。


 戻る